明日の不妊症看護を考える会とは?

不妊治療は「身体的」だけでなく「経済的」にも「精神的」にも患者に負担がかかる治療です。

しかし、私たち看護師は、日々の業務に追われることが多く、「患者に何かをしてあげたい・・・」と考えながらも「何から始めたらいいんだろう」とジレンマを感じている人も多いのではないでしょうか?

 今回、不妊症看護を通して親しくさせて頂いている看護師が集まり、同じ思いをしている方々(保健師・助産師・看護師・准看護師・鍼灸師・培養士・薬剤師・受付さん)との「語り」「交流」「繋がり」を目的に「明日の不妊症看護を考える会」を発足しました。 

学会で多くみられる「知識の投げ掛け」で終わるような学びではなく、人と人とが接することから生まれる学びはより深い「知識」と「力」になるのではないでしょうか?

小さな会ではありますが少人数を強みに参加者の皆様と深い関わりできればと思っております。

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。


明日の不妊症看護を考える会代表

菅野 伸俊